成長を共にした相棒SR125との別れ

高校時代に自分のお小遣いで購入したSR125と、結婚・転居を機にお別れしました。

約10年という月日を共に過ごした相棒との別れはとても感慨深く、なかなか思い切ることはできませんでした。

高校時代の段階で10年以上落ちていたので購入価格は15万程度であったと記憶しています。 買ってすぐに修理、修理で結局50万以上かかった問題児でしたが、青春時代の思い出の殆どの場面にこの愛車がいたと言っても過言ではありません。

しかし、就職、結婚をしてから移動は殆ど車のみになっていたこと、子供が出来たため引っ越すことになったこと、乗らない様になっていた期間にイタズラされハンドルが曲げられてしまったこと、そしてその修理にお金がかかること等を理由に手放すことを決意しました。

出張買取りで有名な店舗を利用して買取り価格を査定してもらいました。 純正部品がもう手に入らない、バッテリーが死んでいる等の理由で買取り価格は2万円でした。

乗らなくなったばかりの時に手放していれば8万くらいは出せたと言われたのが悔やまれてなりません。

もっと早くに手放す覚悟をし、バイクを売る準備ができていればもっと気持ちよくお別れができたのかなとは思いますが、大事にしてあげられなかった自分への自戒の念からその金額を受け入れました。

今は子育て真っ最中ですが、子供が手を離れたらまたバイクを購入し、今度こそ大切にしたいなと思います。

クッションを置くことで浪費を防ぐ

浪費と言うのは、手元のお金がすぐにでも衝動的に欲しくなったものと交換できる時、非常にやってしまいやすくなります。つまりお金とモノとの間に障壁が少なければ少ないほどヤバイと言うことです。

であれば、お金とモノというその間に障壁=クッションを置けば置くほど衝動的な浪費は抑えられると言うことになります。この時の障壁とは意識でも時間でも、物理的な距離でも、あるいは手間でも構いません。

ではネットでの衝動的な買い物を抑える、という例でやってみましょう。ネットを見ていて、目に付いた商品が急に欲しくなってしまったとします。まずは一呼吸おき、それが本当に必要なものなのかどうか考えましょう。これが意識の障壁です。で、タイムセールとかの場合は出来ないかもしれませんが一晩ぐらい考えます。これが時間の障壁になり、忘れてしまうような物は要らないものと言うことです。

あとはあらかじめ月ごとのクレジットカード使用限度額を自分で決めておき、それ以上はコンビニに行ってプリペイドとか買わないといけないとか、銀行振り込みにするとか決めましょう。これにより物理的距離および手間の面倒くささの障壁が生まれます。

まあ完全に浪費を消す決定打にはならないかもしれませんが、有効な手段ではないでしょうか。

 

早く借りたい場合は消費者金融

キャッシングを利用する時は銀行カードローンか消費者金融を利用してお金を借りるという形になります。しかし銀行カードローンと消費者金融ではサービス内容が大きく異なるので利用する前にサービス内容をしっかり確認しなければいけません。

銀行カードローンは金利が低く設定されているので返済する時の負担が軽減出来るというメリットがあります。しかし銀行という事で審査に関しては少し厳しめな部分があるので審査結果が出るまで数日かかってしまう事が多いです。そのため即日融資を受けるのは難しいと言われています。しかし三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行のカードローンは店舗内に設置されている契約機で申し込みをするとその場でカードが発行されるので即日融資が受けられる可能性はあります。

消費者金融は即日融資に対応していてすぐお金を借りる事が出来ますが、金利が高く設定されているので注意してお金を借りなければいけません。特に返済が長期に渡ってしまうとその分利息も加算されてしまうので返済が困難になってしまう可能性もあります。また消費者金融でお金を借りた場合は総量規制という規制の対象になってしまうので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。そのため収入の少ない人は利用限度額も少なくなってしまいます。

銀行カードローンと消費者金融の特徴を見比べてみるとお金を早く借りたい場合は消費者金融に利用するというのが基本となります。しかし金利も重視したいという場合は銀行カードローンの条件付きで即日融資に対応している三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行のカードローンを利用する方法もあります。

参考ホームページ:総量規制について (総量規制について詳しく記載されています。もっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。)

IPO投資で成功すれば資産倍増も夢ではない

IPOとは新規上場株式のことで、新規公開株と言われることもあります。
IPO投資は投資経験の少ない初心者でも、買えれば儲けを出すことの出来る確率がもの凄く高い投資方法です。

どういうことかというと、上場日に最初付いた値段(初値)は、上場前に決められた値段(公開価格)を高確率で上回るからです。つまり、公開価格で購入し、初値で売る事で利益が出るということです。ちなみに2015年は新規上場の97社中84社で初値の方が高くなりました。とは言え、IPOを申し込んでも人気の銘柄はなかなか当たらないものです。

SBI証券ではIPOの抽選・配分に外れた人にポイント与える、IPOチャレンジポイントというサービスプログラムを実施しています。外れた回数だけポイントが加算されていきます。

加算されたポイントを次回以降のIPOの申込時に使用することが出来ますが、ポイントを使用しても外れた場合には、使用したポイントは戻され、さらに1ポイント加算されます。
つまり外れる度にどんどんポイントが貯まって行きます。

SBI証券では、IPOの予定配分量のうちの何割かはIPOポチャレンジポイントの多い順に配分されているようですから、コツコツポイントを貯め続ければ、いつかここぞというIPOの申込時に確実に当選することができます。初値が公開価格を大幅に上回ると予想される、俗に言うS級IPOに、いつかは必ず当選することができるのです。

またSBI証券のIPO引き受け数は、業界の中でもダントツです。
2014年度に関して言えば、全上場会社数のうち、約85%の銘柄を取り扱っています。取り扱いが多い分、抽選に参加する機会も多くなります。

キャッシングの返済遅れると電話がかかってきた

キャッシングは節度を持って使えば非常に役立つものですが自分の甘い見通しやトラブルなどがあるとなかなか怖い側面もあります。どこかからお金を借りるならそんなデメリットの部分も頭に入れておかなければならないということです。

自分の場合は、某消費者金融でお金を借りていた時があったのですが毎月きっちりとお金を返していたもののついつい予定外の出費がかさみ結構生活がギリギリになった時期がありました。

それでも消費者金融の返済自体はなんとかなっていたのですが生活費の計算を間違えてしまい返済に当てるはずのお金が自動引き落としされてピンチになったことがありました。返済日から数日後にまとまった入金がある予定だったのでまあ、いままでしっかり返済しているし、ちょっとしたおしかりの電話くらいは来るのかな?と思っていたくらいで結構その時の自分は甘い見通しだったのです。

ある日、消費者金融の方から返済されていませんがというお電話が来たんです。自分はこれこれこういう理由で遅れましたと、説明したのですが担当者産口調は丁寧なものの、なんで事前の連絡はなかったのかとか。契約書にしっかり書かれていたのですがとか。この先本当に大丈夫ですか?と結構厳しく問い詰められました。

内容以上にこれまでこういう電話をしてきた担当者さんの経験からか、言葉では説明しきれない「圧」のようなものを感じました。それ以後、まったく返済に遅れるこなく無事に借金は返済しましたが、お金を借りている以上このような連絡がないようにお金を借りましょう。

お手軽すぎるキャッシングの罠

キャッシングとはいつでもすぐに借りることが出来るとても便利なものです。しかし使い方を間違えると、金利がどんどん膨れ上がり恐ろしいことになりかねません。最後の手段にキャッシングをするのではなく、キャッシングという手段は計画的に利用しなくてはいけません。

まず、何をきっかけにお金を借りなければならない状況に陥ったのか。見分不相応な高価なものが欲しかったからでしょうか。ギャンブルですっかり生活費を使い果たしてしまったからでしょうか。もしこれに該当するのであれば、これらからすっかりさっぱり足を洗ってください。ギャンブルも高価な物も、人生に必要ありません。
近しい誰かの借金を代わりにしたのでしょうか。残念ながらそのお金は返ってきませんし、あなたが1度それを許してしまった事で関係性に隔たりができました。お金を出すこと=助けることではないのです。

突然の病気や怪我で大きな出費があったのでしょうか。高額療養費や高額医療費貸付という制度があります。1人で思い詰める前にまず病院のケースワーカーの方に相談するなどしてください。

お金が動こうとする時「もう無くなるから」「今だけの価格だから」と相手は扇動してきます。けれどそんなことはないし、本当にそうなら縁がなかっただけのことなのです。一晩おいてそれでも必要か考えてみる余裕と勇気を持ち、その時に周りの意見も聞いてほしいのです。

あなたがキャッシングカードを持ってしまった時点で、社会的にはその満額の借金を背負ったと同じと判断される事もあります。普段生活する分には問題は無いのですが住宅ローンなど大きな買い物をする時に影響が出ることもありうるのです。収入の目処があり、翌月一括で返せる人以外は使わない方が賢明です。

金銭トラブルに陥った時は、無理をせずに弁護士に相談しましょう。
東京新宿法律事務所

キャッシングの増額の仕組みとは

キャッシングの契約を行うと限度額が設定されますが、この限度額は利用実績によって増額されることがあります。この増額が行われる為には、最低でも半年は返済実績を積む必要があります。その間に返済の遅延があったり、他社と新たなに契約するようなことがあると、すぐに増額されるようなことは少なくなってしまいます。きちんと返済を行っているか、自社以外から借入れを増やしていないかが増額されるかどうかのポイントだと言えるでしょう。

利用実績を積んでいくことで、この人なら増額をしても大丈夫だろうと金融業者が判断すると、次回のATMの利用時に画面にその旨が表示されることがあります。この場合はその場の操作1つで増額が可能です。また、電話や郵送でその連絡があった場合は増額を希望すると、後日その結果の連絡があります。

限度額の増額は自分から申請することもできますが、この場合は希望通りになるとは限りません。金融業者側から増額を持ち掛けてきた場合は近日中に他社から大きな借入れでも行っていない限り、問題なく増額できることが多いと言えます。

そもそもキャッシングの契約では、限度額と極度額の2つが設定されます。極度額は限度額より高額に設定されるもので、通常はこの限度額の方が使われますが、最大で極度額まで融資が可能だという契約になっています。

極度額が限度額と同じ場合、増額する為には契約をし直す必要がありますが、この2つに差を設けておくことで、特に契約をし直す必要なくスムーズに増額が行える仕組みになっているのです。

即日キャッシングで注意すべきこと

お金を借りるという好意をあまり好んでしたいという人は少ないはずです。特にお金を借りる相手が身内や友人だと切り出すまでに時間がかかったり、中にかお金を貸して欲しいとの申し出で関係性が断たれたという人もいるのではないかと思います。

即日キャッシングの魅力はそんな誰も言いずらいと感じているお金の問題を気兼ねなく言える(申し込める)場所であることが一番の魅力ではないかと感じています。

またお金がどうしても必要になってしまった土日祝に対しても、現在は即日キャッシング可能と唄っているところは、ほぼネットからの申し込み審査を通過すると、即日、無人自動機からキャッシングする事ができる事から大変便利で簡単だと言われています。審査の早いところだと最短30分でキャッシング可能となる場合もあるそうなので、言わばそれも一つの魅力ではないでしょうか。

物事に魅力的だと思う部分があれば、そうでないと感じる部分もある事が当たり前です。
即日キャッシングの場合は、金利が高い場合があります。簡単に短時間でお金を実際借りられるというところから金利問題は避けられないと感じています。

計画的にお金を借りずに、借りられから借りられる限度額一杯に借りるという考えになると、返済時かなり困難なこともあると思うので、その点はかなりの注意が必要ですし、借り入れをする前に金利の確認や数社の金利を比べる事も大切になると考えます。

デメリットが多く、使いづらさを感じるNISA

2014年に導入され、配当金や株式投資の利益に通常20%かかる税金が無税になるNISA。

あまり普及していないようです。
それは投資額や年限が決められでいるため、高額資産を運用する富裕層や頻繁に投資を繰り返すトレーダーには向いていないためです。

個人投資家向け制度ですが無税になるというメリットだけでなく、デメリットもあるので充分理解した上での利用が必要です。
最大のデメリットはNISA口座で損出を出して、一般口座で利益を出した場合損益通算をできないということです。

例えばA証券で410万円の利益を出し、B証券で2万円の損出出すと8万円の利益ということで20%の16000円の税金がかかります。
しかし、一方がNISA口座の場合損益通算はできず、税額は2万円ということになります。

また一般口座で損出を出して、
それを一般口座に移動し元の買い入れ価格まで戻すと利益を出したとみなされ課税されます。
一般口座のままなら無税ということになります。

その他デメリットと言えるのは現在1人1口座しか開設できず、金融機関の変更ができないということです。
また対象になる投資は新規購入に限られているため保有している株や社債をNISA口座へ移すことはできません。

1人1口座ですから取り扱う種類が多く、手数料の安い金融機関を選ぶことが大切です。

LINE上場における個人的感想

今や日本国内のみでなく世界中で使われるようになったLINE。
以前からその噂はあったが、どうやら今年中には上場しそうだ。

ユーザー数、売上高から言ってあまり株を知らない人から見ても「まだしてなかったんだ?」という感じだろう。私の予想からすると、上場直後に上昇しあとはなだらかに曲線を描くようなチャート図になるのではないかと思っている。

去年の大型上場で注目された日本郵政のパターンもそんな感じの曲線だ。
急上昇、大暴落は最初の株取り引きではありそうだが、
ミクシィやガンホーのように急にアプリが好調になって売上が倍増・・・なんてパターンは可能性としては低い。

だが、株として面白みがあるかと問われれば答えはイエスだ。
直接、LINEの株に手を伸ばさなくても会社の方針として上場を一つのゴールと決めていたこと、設備や資金調達の為だけに上場を目指した会社ではないことを念頭に踏まえ、会社としての行く末を株価の上下で見ることも楽しみの一つだろう。

他にもアプリで言えばグランブルーのサイゲームスの株価や、白猫プロジェクトのコロプラなど株価が気になる企業はたくさんある。
これらの企業もLINE上場後に影響を受けて追随する動きになるはずだ。
コンテンツとして優位に立つものが株価で周りを巻き込む様子を眺めてみたい。