LINE上場における個人的感想

今や日本国内のみでなく世界中で使われるようになったLINE。
以前からその噂はあったが、どうやら今年中には上場しそうだ。

ユーザー数、売上高から言ってあまり株を知らない人から見ても「まだしてなかったんだ?」という感じだろう。私の予想からすると、上場直後に上昇しあとはなだらかに曲線を描くようなチャート図になるのではないかと思っている。

去年の大型上場で注目された日本郵政のパターンもそんな感じの曲線だ。
急上昇、大暴落は最初の株取り引きではありそうだが、
ミクシィやガンホーのように急にアプリが好調になって売上が倍増・・・なんてパターンは可能性としては低い。

だが、株として面白みがあるかと問われれば答えはイエスだ。
直接、LINEの株に手を伸ばさなくても会社の方針として上場を一つのゴールと決めていたこと、設備や資金調達の為だけに上場を目指した会社ではないことを念頭に踏まえ、会社としての行く末を株価の上下で見ることも楽しみの一つだろう。

他にもアプリで言えばグランブルーのサイゲームスの株価や、白猫プロジェクトのコロプラなど株価が気になる企業はたくさんある。
これらの企業もLINE上場後に影響を受けて追随する動きになるはずだ。
コンテンツとして優位に立つものが株価で周りを巻き込む様子を眺めてみたい。