キャッシングの返済遅れると電話がかかってきた

キャッシングは節度を持って使えば非常に役立つものですが自分の甘い見通しやトラブルなどがあるとなかなか怖い側面もあります。どこかからお金を借りるならそんなデメリットの部分も頭に入れておかなければならないということです。

自分の場合は、某消費者金融でお金を借りていた時があったのですが毎月きっちりとお金を返していたもののついつい予定外の出費がかさみ結構生活がギリギリになった時期がありました。

それでも消費者金融の返済自体はなんとかなっていたのですが生活費の計算を間違えてしまい返済に当てるはずのお金が自動引き落としされてピンチになったことがありました。返済日から数日後にまとまった入金がある予定だったのでまあ、いままでしっかり返済しているし、ちょっとしたおしかりの電話くらいは来るのかな?と思っていたくらいで結構その時の自分は甘い見通しだったのです。

ある日、消費者金融の方から返済されていませんがというお電話が来たんです。自分はこれこれこういう理由で遅れましたと、説明したのですが担当者産口調は丁寧なものの、なんで事前の連絡はなかったのかとか。契約書にしっかり書かれていたのですがとか。この先本当に大丈夫ですか?と結構厳しく問い詰められました。

内容以上にこれまでこういう電話をしてきた担当者さんの経験からか、言葉では説明しきれない「圧」のようなものを感じました。それ以後、まったく返済に遅れるこなく無事に借金は返済しましたが、お金を借りている以上このような連絡がないようにお金を借りましょう。